2008年12月18日

某映画監督談

※転載元投稿日:2005/05/26 (木) 09:34:36
 資料番号第P-126号

うわっ、気持ちワルぃ!新幹線の連結部のゴミ入れからのぞいてたスポーツ紙の見出しを読んで、思わず声を上げてしまった。思い切り気持ちワルい話が映画化されるという。
あの「電車男」という薄気味悪い本。
実ははっきりとは知らんし、知りたくもないんやけど、ウワサでは相当に気色悪い代物だと聞いた。
電車の中で接した女に悶々としたまま、自分から女には何ひとつできないオタクが、病人の巣窟のようなネット掲示板という、タンツボの世界で、ネットバカとその女について
やり取りをする変態本やと。
しかしその女の子にしてみたら、自分のことを勝手に想像されて名前までつけられてネットにやんや書かれてたわけで、それは痴漢やストーカーと変わりない行為。
犯罪の一歩手前。 ムシズが走るよ

記事には「話題の実話純愛物語」とか書いてある。一体いつから「純愛」が変態用語になったんじゃ。ネットニッポンは変態を養殖している。
主人公は22歳の童貞で、週に3回秋葉原に通うゲームオタク・・・って、これはどうしようも治療のできないアホ。アホの中のアホ。そんなのが目の前に現れて女も純愛するんか。
一日中ネットながめてるアホと何するいうねん。52万部のベストセラー?ビニ本と同じくらいレジに出すのが恥ずかしい本や思うが、もし真剣に読んでるヤツがいたら、そいつは本格的にヤバイな。横にいるかも。
本にした出版社も映画化する配給会社も、監督するヤツも、出演する役者も全員変態一味。儲かりさえすればいいと思ってるのか、バカどもが。
少なくとも、まともな輩はそんな陰湿ネット世界と一生関わりたくない、映画化するヤツらの顔を殴りつけてやりたいな。別の星でやれって。気味悪いから近寄らないでほしいな。アホバカ映画人もこのバカの国にいっぱいいる。


(コメント)
この映画監督が気持ち悪いと感じる以前に、2ちゃんねるという場所で、
他人の恋愛話でコミニュティが成立するという時点でかなりの不自然さを
感じます。他人の不幸をネタにし、掲示板を盛り上げようという動きが
恒常的に続く2ちゃんねるで、他人の幸せを素直に喜ばれているスレッドを
今までに何年も2ちゃんねるを巡回してきている私でさえ一例も見たことが無い。
仮に電車男のような人が、恋愛話で2ちゃんねるの住人に相談なんて
しようものなら絶好の煽りの対象にされるか、「糞スレ立てんなボケ」と
一言書かれて終了です。
これだけは言い切れます。2ちゃんねるという場所で、マトモにコミニュティが
盛り上がっているスレッドは、2ちゃんねるの広告収入やその他の興行収益に
繋げられるスレッドだけ。
2ちゃんねるでは基本的に、カネにならない書き込みで盛り上がることは
100パーセント有り得ません。
あの殺害予告等の犯罪性の高い書き込みでも、2ちゃんねるマーケットの
貴重な収入源になっています。
カネになる書き込みは良質スレッド、カネにならないスレッドは糞スレ。

何だかんだ言っても、最後にはこうした判断基準になります。
だから2ちゃんねるは荒れる。
posted by 弱者 at 23:09| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

毎日新聞記事より

毎日新聞記事より

※転載元投稿日:2005/05/25 (水) 22:13:06
 資料番号第P-125号
(原文)2002年2月21日 毎日新聞

 インターネット上に「2チャンネル」と呼ばれるものがある。かなりの量の掲示板の集合
体で、匿名で自由に書き込めることになっている。匿名ゆえ、まともな議論や内部告発も
あるとはいえ、その悪名を高めたのはその個人への誹謗中傷の甚だしさである。
これは、一人の若者が「管理人」として運営しており、実名も出ている。
 さて、去年十一月、ある出版社から、この「2ちゃんねる」を扱った編集ものの本が出された。
驚いたのは、若者向け雑誌のみならず、大新聞さえもこの本を取り上げ、中立的な紹介記
事のみならず、ひどく好意的な書評まであったことである。
 書物のほうでは、その「匿名性」が無責任な発言をうんでいると言う批判に対する反論も
なされているが、詭弁としか思えない。それは第一に、インターネットがすでに「公共の場」
になっていることを踏まえていないからである。「2ちゃんねる」に限らず、インターネッ
ト上の個人が作成したページでは、活字媒体であれば名誉毀損で訴えられるような言説が
日々書き込まれているのであり、昨年暮れ、その種の文書を削除する権限をプロバイダー
に与える法律(プロバイダー責任法)が全会一致で可決されている。活字媒体ならば、刊行、
頒布にかかるコストが高いため、中傷の対象になったものが訴訟に勝てば賠償金を払わさ
れるから、編集、出版の段階で規制がなされているのが普通だ。しかしインターネットで
は無責任に、かつ膨大な量でその種の誹謗中傷が行われ、しかもその対象は、賠償請求の
訴訟を起こすような力のない一般人にまで及び、差別的な書き込みも放置されているのが
現状だ。

 端的に言えば、「匿名での中傷は卑劣」なのである。同じような掲示板でも、誹謗中傷は
管理者がすぐに削除するものもある。確かに「2チャンネル」にも、他人への中傷は止めま
しょう、と書いてある。だが、あたかも誹謗中傷のためにあるようなセクションもある上、
「幸甚」への誹謗に対しては寛容なのだ。その「公人」には、一冊の著書を持つものでさえ含
まれるのである。しかも削除のためには、被害者が「削除依頼」とやらをしなけらばならな
いのである。「依頼」ではなく、「要求」であるべきであろう。その「管理人」もまた、確信犯で
あることは明らかだ。言論の自由を云々するものがいるが、訴訟能力のない、あるいはプ
ライバシーを守りたい一般人が公共の場で中傷の対象になる可能性が高い状況が存在する
とき、どこかでチェック機構が働くべきだろう。
 何より問題なのは、先にあげた新聞の記事や書評で、大人たちが、匿名で中傷を行うも
のの無礼、不道徳を「叱る」態度を示さないことである。「管理人」を含め、こうした若者た
ちを甘やかしているのは、その「不道徳」を叱れない大人たちであり、それは近年の、生徒
や学生に厳しく出来なくなっている教師、子供を叱れない親と同じなのだ。この掲示板に
ついて大人たちが及び腰でしか語れないのが、悪口を言えば何をかかれるか分からない、
と言う怯懦ゆえだとすれば、若者になめられても仕方あるまい。「言論の自由」だの「法的規
制」だのを言う以前に、卑怯な行為を道徳的に「叱る」べきなのである。匿名で中傷を行うも
のたちは、最低の人間どもだと、はっきり言うべきだ。「2ちゃんねる」は、「お子様大学
生」や、成人式で暴れる若者たちと同根の現象でしかない。


(コメント)
IT産業を普及させるため、政府高官たちがパソコン通の悪ガキ達の
ワガママに、ひたすら黙って首をたてに振り続けた結果がこれだ。
自由な発想や個性を伸ばすためとはいえ、人として、社会人として
最低限やってはいけないことを教えてこなかったツケが、2ちゃんねる
という形で我々に跳ね返ってきているのかもしれません。

自由な発想力を伸ばすためとはいえ、甘やかし過ぎるのはいかがなものか。
確かに学者タイプには紙一重の人が多いように思えるが、罪もない他人に
迷惑をかける行為にさえ何も言えないのでは話にならない。
注意すれば必ず法律には無いとか、違反はしていないとか法律法律法律と
馬鹿の一つ覚えのように持ち出してくる。
法律の有無でしか善悪の判断ができないとは狭い判断基準です。
まったく自由な発想とやらができていないではないか。
確信犯だとは思うが、そんなに東大とか慶應で学んできている
インテリにはヘソ曲がりが多いと皆に思われたいのか。
他のOBに申し訳ないとは思わないのか。

倫理観が完全に欠如し、血の通わない思想に理屈を展開する機械人間に
嫌でも付き合わされる被害者の身にもなってみろと言いたい。

posted by 弱者 at 23:11| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2chは人を狂わせる

※転載元投稿日:2005/05/25 (水) 10:28:02
 資料番号第P-124号

投稿日:2005/05/22 (日) 01:55:04

2chは人を狂わせる
俺のダチも2chいくようになってから性格が変わった
目つきも変わった
他人の陰口を毎日のように言うようになった
人の話も素直に聞かなくなった

そんで俺がダチとしてそれでいいのかと忠告したら
そいつ3日後2chに俺の個人情報晒してやがったことが後でわかった
こんなやつじゃなかったんだが
そいつとは長いつき合いだったがダチの縁を切った


(コメント)
2ちゃんねらー以上に2ちゃんねるを知っている私から言える事。
悪いことは言わない。
2ちゃんねるからは足を洗ったほうがいい。
posted by 弱者 at 23:10| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

似たようなもんかね。

※転載元投稿日:2005/05/20 (金) 23:53:25
 資料番号第P-122号

05/03/03 18:57:26

周りにとっては迷惑でしかないアダルト広告も実際に申し込む人がいて需要があるからなくならない。
文句を言っても「だまされる方が悪い」の一言で終わりだし、似たようなもんかね。2ちゃんねる。

昔は「一部の利用者」といってたが、最近では、その言い訳は通用しないな
ただ、管理が行き届いてないだけだ。悪事は利用者の責任、いい所は2chの物、
そんな理屈がいつまでも通用する訳ない
敗訴しまくってるじゃん。これじゃ法に逆らってる様に見える


(コメント)
2ちゃんねる側の主張は、本来ならとっくの昔に論破されているものです。
ですが、論破されたはずの主張が未だに、ネット世論の主流になっています。
それがまるで当然であるかのように。
これが2ちゃんねるファミリーが世論に与える影響力の強さです。
posted by 弱者 at 23:09| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元2ちゃんねらー

※転載元投稿日:2005/05/19 (木) 23:46:01
 資料番号第P-120号

元2ちゃんねらー
05/03/06 20:09:31

3年間2chにかじりついてオフ会にまで行った。
でも俺は2chの考え方っつーかこじつけの叩きが嫌いだ。
それでもまだ2ch擁護者は俺に対して2chを理解してないというだろうか?

#2chのことを全然理解していないのにマンセーするんだよな。
#2chの内外には様々な良いこと・悪いことが渦巻いているのに、
#単に良い点のみ見てしまうから、まともな評価が出来ない。
#理解するのは非常に困難を伴うんじゃないかと俺は思うし。

こういうことも言える。

外国人が日本で一番有名な掲示板ということで2chを見て、
これが日本人の姿かと思われるのだとしたら、サイアクだな。


(コメント)
2ちゃんねるを断罪するうえで、良いところもあれば悪いところもある、
な〜〜んて、語り始めるとキリが無い。
良い部分が議論に持ち出されると必ず免罪符的な使われ方をされるので
それで突っぱねられると議論が平行線で終わることが多い。
ただ、2ちゃんねるの免罪符は、悪い部分を帳消しにできるほどのパワー
は無いので、議論に臨まれる方々は、譲歩する必要性はまったくない。
2ちゃんねるを必要悪として黙認できるほど、今までの功罪は軽くないし、
一般市民よりもむしろ、表に声を出して言えないような企みを抱く者達
にしか2ちゃんは利益を与えていない。
posted by 弱者 at 23:08| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

動物病院訴訟より

※転載元投稿日:2005/05/22 (日) 09:48:46
 資料番号第P-123号

2002年12月26日 20時32分

ひろゆき氏と愉快な仲間たちが勝手に作った「ルール」で決められた手続きと、
政府が憲法に基づき作り、全国民に守らせている「法律」で決められた手続きは、
全然性格が違うことは分かるよね。
くだんの動物病院は、2ちゃんねると何か契約を結んだわけでもないから、
2ちゃんねるに法律を遵守させるために、2ちゃんねるが決めた手続きにわざわざ
沿ってやる義務はない。
一方、両者とも日本にいる以上、日本の法律は遵守する義務はある。
君のアパートの隣のステレオがうるさくて、「ピンク色の紙にクレームを書いて
くれれば次の日はやめてやる」
と扉に張り紙があったとしよう。で、実際、ピンク色の紙にクレームを書けば、
ちゃんと効き目があったとしよう。
だが、君はそれでは満足せず、大家に訴えて、契約違反なので黙らせるように
したとしよう。

その時、隣の住人が「文句をいうプロセスを整えていたのに」とか言っても関係あるのか?
いつ、誰が、隣人に「向こうが勝手に決めた特定の手続きを踏まないかぎりステレオを
うるさくしてもいい」権利を与えたのだ?
少なくとも君はしていないよな。大家もしていないよな。
あるのは、君と大家の契約関係と、隣人と大家の契約関係と、君と隣人の被害・加害
関係だけだ。
今回の件も同じ。よく考えてね。


(コメント)
私は思う。博之氏が勝手に作ったルールに従うか従わないかという
下らない論議に終始している有識者は全員馬鹿ではないかと。
この動物病院訴訟にしてもそうですが、ルールに従うか否かというよりも
原告自身が2ちゃんねるのローカルルールそのものにすら該当している
訴訟事例はほとんどない。
今までの原告の一人で動物病院院長も、そもそも2ちゃんねるを利用
したことがないので当然と言えるでしょう。
利用したことも無いのに何故ルール(削除ガイドライン)を守るか守らないかの
論議になる?
まさか・・削除依頼板を利用したから自然に削除ガイドラインに同意したものとみなされ、
そのルールに従わなければならないと2ちゃんねる側は言ってきているのか?
通報に伴い、原告が被害状況を確認するために、2ちゃんねるを閲覧したからと言うのか?
裁判記録も見たが、2ちゃんねる側はそうとも主張していなかった。
ただ一方的に削除ガイドラインについて永延に原告側に提示し続けているだけでした。

原告は、利用していないから削除ガイドラインの対象外だと主張し
続けているのに、2ちゃんねる側はひたすら機械のように、削除ガイドラインの
抜粋を掲げることに終始するのみで、原告の主張を完全無視。
そんなに削除ガイドラインに該当していると言い切れるのなら、その理由を
説明するべきではないのか。その説明を被告側が行った記録もなかった。
まるで最初から、原告は、法廷にすら存在していないかのように・・・
2ちゃんねる側にとって、被害者(原告)はただの空気という認識しかないのか。
まったく原告の話を聞いてない。
まるで、2ちゃんねる側の人間は感情を持たず、プログラム以外の動作が
決して行えない作業ロボットである。

これだから最高裁でも敗訴する。当然だ。しかし、ほとんどのマスコミは
2ちゃんねる寄りの記事で博之を擁護する。世の中間違っている。
posted by 弱者 at 00:21| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺は西村博之がいい奴だと勘違いして

※転載元稿日:2005/05/19 (木) 23:40:19
 資料番号第P-119号

05/01/21 08:53:30
俺は西村博之がいい奴だと勘違いして いろいろあちこちで
2chを宣伝してやっていたが
これからはその間違いを正していくんでよろしくな。西村博之。
お前は調子に乗りすぎだ。

そろそろ、2chにも警察の手を入れさせないと駄目だな。
この掲示板でどれだけの犯罪が発生しているかを考慮すれば
当たり前の措置とも言えるだろ。

工作員(煽り屋)って言葉悪いけどどうにかならない?
気持ちが悪い。


(コメント)
>警察の手を入れさせないと駄目だな。
だったら、さっさとやってほしいものですが、ある筋の方々にとって
2ちゃんねるは利益の源らしい。
ほんと疲れますよ。
posted by 弱者 at 00:18| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権擁護法案関連

人権擁護法案関連

※転載元投稿日:2005/05/19 (木) 22:18:57
 資料番号第P-118号

みなさん、2ちゃんねる利用者側が発信している情報だけを鵜呑みにしてはいけません。

彼ら(2ちゃんねらー)の意見にはこの法案のメリットが全く評価されていません。
ただ単に2ちゃんねるを潰されたくないという考えから、自分たちが有利な情報だけを
集めて、いかにもこの法案が悪いかのように見せかけているだけです。

もちろんデメリットもあります。
しかし、メリットがあればデメリットも存在します。
デメリットがないものなんてこの世には存在しません。
また、そのデメリットが必ず起こるというわけでもありません。

デメリットを非難するよりも、まずメリットを評価してください。
平等な視点からこの法案を評価してください。


(コメント)
2ちゃんねらーがやたら嫌がっている(表向き?)人権擁護法案。
しかし、この法案が具現化するキッカケを作ったのも2ちゃんねる。
口先でこの法案を拒絶しても、彼等の日頃の行いでは賛同しているという
矛盾はどう説明すればいいのか。
法案の可決が嫌なら、素直にネット上での悪事を終結又は自粛すれば
この法案を国会で審議される理由がなくなります。
それぐらい彼等も解かっているはずです。
私は、2ちゃんねらーの形式的な口先意見には興味ありません。
興味があるのは、彼等の実行動による無言のメッセージのみです。

かりにこの法案が可決され、市民の言論体系に悪影響が出てしまったとしても、
その怒りを向けるべき相手は、国会ではない。
西村博之氏を始めとする2ちゃんねるの利害関係者達です。
このことだけはお忘れなく。

posted by 弱者 at 00:17| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットの常識

※転載元投稿日:2005/05/19 (木) 20:16:05
 資料番号第P-117号

2005年05月07日 03:49
別に2ちゃんの中だけの世界で終わっているなら「あそこはダメなところだ」と認識し
近寄らなければ済むだけの話でしたが、それを最近、外部にまでそのまま持ち出して
あたかもそれを「ネットの常識」みたいな感覚で使用する人間が多くなりましたね。

たとえば個人のHPに差別的発言を平気で書く、あるいは他人のHPが気に入らないと
BBSに荒らしや誹謗中傷を執拗に行うなど・・・

もちろん初期の草の根ネットの頃にも同様の問題はありましたが、2ちゃんねるが大きく
なって以降
急速に広がっています。これは素で恐ろしいことです。このままの勘違いを続けたら
いずれリアル世界でも同様の発言を行っても平気だ、と感覚が麻痺していく人間が出てき
そうで。

あの掲示板内だけにしてほしいと強く思います。


(コメント)
>このままの勘違いを続けたら
勘違いというよりも、おそらく確信犯でしょうね。
いくらなんでも、2ちゃんねらーもそこまでアホじゃない。

posted by 弱者 at 00:09| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ固定がいる。

※転載元投稿日:2005/05/18 (水) 01:36:43
 資料番号第P-115号

投稿日: 4月22日(金)02時25分7秒
『2ちゃんねるには、書き込みをして給料をもらっている人間=プロ固定がいる。
スレッドは続けば続くほど報酬も高くなる
妙に固定ハンドルが多いスレッド。それが大抵はプロ固定が立てて、育成している
スレッドである。アシストに入っているプロ固定は実力のあるプロ固定のアシストに
回ることで報酬のお零れに預かるし、あわよくば自分たちが次期の専属プロ固定に
なることを望んでいるのである。 』
『 彼ら「プロ固定」は2chに客を呼び込むためにありとあらゆる書き込みを行う。
時には煽り、罵倒し、また固定同士で「実名が公開された」などといった茶番を演じ、
ギャラリーの覗き見根性に訴えかけるような手段さえつかうこともある。
彼らがそこまで集客に腐心するのは理由がある。給与の変動が激しいのだ。
管理人のひろゆきが割り出した「集客貢献度」によって「プロ固定」たちは細かく
ランク付けされ、月ごとの給与が算出される。
この特徴有る給与制度のお陰で固定たちは集客には手段を選ばず、何がなんでも
人気を得ようとする。ネタがなくなれば前に言ったような「茶番」さえ演じる。 』
『 8割以上は、担当の運営・プロ固定によって書き込みされています。 』


(コメント)
この説が事実なのか、それともガセなのか。
どちらにしても、報酬制度の実態が有るか無いかに限らず、上記のような
役割を掌る書き込み者が、2ちゃんねるを中心に、ネット全体で活発に
動いていることだけは確かと言い切れます。
無報酬だとしても、あれだけ大規模で巧妙な連携のとれる集団は、ボラン
ティアの粋を超えているとしか思えないのが私個人としての感想です。
彼等は、そこらの引篭もりや、ニート、若しくは低年齢者だという見識が
大半ですが、私はそうは思いません。
やたら法律知識にも詳しく、深いIT関連知識、危険を察知する野生的勘、
集団及び個人の心理形態を知り尽くした者でなければ不可能ともいえる
巧みな煽りの数々。とても引篭もりのできる芸当に非ず。
彼等の動きにタイミングを合わせるかのように動く特定のメディア。
彼等の活動自体、ある程度の資金と人脈がなければまず無理ではないかと
私は思えるわけです。

仮に、この説がガセだとしても、ネット上にこうした被害者の心を逆撫でする
情報を流す感覚を疑いたくなります。被害者感情を玩んでそんなに楽しいか。
posted by 弱者 at 00:08| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

「2ちゃんねるは馬鹿サイトです」

※転載元投稿日:2005/05/16 (月) 23:50:45
 資料番号第P-111号

「2ちゃんねるは馬鹿サイトです」

2ちゃんねるは、ろくでもないサイトである。
誹謗・中傷が飛び交い、それで狂って犯罪を起こす者や
自殺をする者が続発している。
削除依頼は公開制である。しかも例え削除依頼をしたとしても
管理側はどうでもいい書き込みを削除するだけで、誹謗・中傷は全く
削除しない。
それ所か管理側が自ら誹謗・中傷を繰り返し、
それによってアクセス数を増やしているという最悪の所である。
それで訴えられ、賠償命令の判決が出ても管理者である西村博之は
全く賠償金を支払おうとしない。
このような環境の中で育つと人間性を失い、そのような人間が増えると
インターネット社会が崩壊していくのだ。
2ちゃんねるで育った人は「2ちゃんねるは悪くない」という誤った
考え方の基で育ってきているので、物事の理解が出来ないのだ。
犯罪サイト2ちゃんねるに通っている人は、今すぐやめなさい。

頂いたコメントとそれに対する回答
>2ちゃんねるは情報を集めるのには最高の場である。
また、悪いことをする人は一部だけ。
良いことばかり主張して、悪いことには
見て見ぬふりをしてはいけません。
悪いことをする人は一部だけでも、管理側がそれを勧めているという
事実があり、お前達もそこにいる以上無関係ではありません。


(コメント)
とにかく2ちゃんねる信者の言い分は、全員共通して白々しい。
だからそれを聞かされる側は腹が立つ。
posted by 弱者 at 22:37| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急激に嫌いになった。

※転載元投稿日:2005/05/16 (月) 13:52:11
 資料番号第P-110号

時々新聞で名前を見かけて、よく検索でひっかかるなぁ程度のどーでもいい存在だったけどお気に入りのジャンルのサイトが急激に減ったのは、2chにそのジャンルのオチスレを立てられたからでお気に入りのサイトが消えたのは、2chに曝されたからだと知ってからは急激に嫌いになった。
何であっこの方々の性質の悪い遊びの為に、平和な遊び場を荒らされなきゃならんのよ!


(コメント)
この方の意見同様、私のお気に入りサイトは、今では全て2ちゃんねるに
潰されて一つも残っておりません。
そのうち、2ちゃんねると、それ系統のブログやサイトだけになるでしょうね。
でも、ネット市民の方々が、それがいいというのだから仕方が無い。
態度でそれを了承しているのですから。
posted by 弱者 at 22:36| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その筋に詳しい知人は言っていた

その筋に詳しい知人は言っていた

※転載元投稿日:2005/05/16 (月) 13:36:22
 資料番号第P-108号

自由な発言の場の様にみえるが全てがそうとは限らないらしい、実際は
複数のある団体や集団が全国に情報操作のプロを置き、普通の人を装い、賛成の者、
反対の者、過激な意見を書き込む者、平和主義者の者、右翼を装う者など、
何も知らない高校生などを演じる者、役割を決めて、いかにも自由に意見を
戦わせている様に見せかけている場合もあるという、その筋に詳しい知人は言っていた、

そこに何も知らずに参加して来る者も含めて巧妙にある時は罵声を書き込み
ある時は味方を装うい後押しする様な意見を書き込む、専門的知識がある
人物になり世論に沿った様な書き込みもする。


(コメント)
一時騒がれていた「プロ市民」という種の人達なのかもしれませんね。
インターネットという強力な武器を手に入れたプロ市民達は隠密化し、
現実社会でのデモ活動やテロ活動に変る、リスクの低いネットでの活動が
主体になってきている可能性があります。
現に、極左系の人達によるデモ活動や、テロは今ではほとんど見られなく
なりました。しかし反面、ネットでは彼等のものと思われる活動が頻繁に
散見されます。
時限式ロケット弾や手製の爆弾に比べて、ネットを使用した市場や倫理性
破壊などの各種テロなどもリスクなく容易に行え、更に摘発は現在のところほぼ不可能。
posted by 弱者 at 22:36| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関係者の猛省を求める。

関係者の猛省を求める。

※転載元投稿日:2005/05/13 (金) 23:19:27
 資料番号第P-105号

2ちゃんねるをはじめとするインターネットは、いつから警察署と裁判所を兼ねた「権力機構」になったのか?
まるで江戸時代の町奉行所である。
正義ずらして経歴暴きに狂騒する。
興味本位のスレをたてる。
ブログを荒らして人々の好奇心をそそる。
成功者のプライバシーを容赦なくあばきたてる。
無知な大衆は、「他人の不幸は蜜(みつ)の味」とばかりにそれに飛びつく。
異様な雰囲気が生み出され、「有罪が確定するまで無罪が推定される」との推定無罪の原則が軽んじられる。
かかるネットの横暴が冷静な議論を遠ざけ、かえって真実をみえなくしている可能性もある。
それば憂慮すべきことではなかろうか。関係者の猛省を求める。


(コメント)
ネットは使う人次第というのは今さら言われるまでもない。
ただ、あの環境(2ch)に身を置いている人達の中で、人としての倫理性を
保ち続けられる者はどれだけいるのか?
ここまでの問題を起こす者はさすがに出てこないだろうという希望的観測は
改めたほうがいい。人間は基本的に愚かな生物だと認識するくらいが丁度いい。
2ちゃんねるはそのことを我々に教えているのかもしれない。
posted by 弱者 at 22:34| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

2ちゃんねらーはみんな病気だと思う

※転載元投稿日:2005/05/08 (日) 17:18:10
 資料番号第P-101号

2ちゃんねらーはみんな病気だと思う
投稿者:○○(35歳男性)  投稿日:2004年07月05日(月)

2ちゃんねらーには善悪の観念が狂ってる奴が多すぎる。

2ちゃんねらーは外部の人間について限度を越えた誹謗中傷を繰り返す。
おまけに他人の個人情報も平気で書き込む。そもそも名誉棄損ということの意味がわかってない。

2ちゃんねらーは徒党を組んで他人の掲示板を荒らしに行く。何の罪もないサイトが数多く閉鎖に追い込まれた。
2ちゃんねらーは複数で示し合わせてネットオークションを妨害する。自分が貧乏で落札できなかった腹いせに
嫌がらせで落札価格を吊り上げるなど日常茶飯事。

2ちゃんねらーは有料ソフトウェアを違法に使用するための情報を堂々と交換する。
シリアルナンバーを書き込んだりクラックと呼ばれる制限解除ソフトをアップロードしたりするのが盛んだが、
内部では誰もそれを規制しない。

2ちゃんねらーは違法なファイル交換を目的としたP2Pソフトを協同して堂々と開発する。
Winny関連の書き込みを読めば最初から最後まで違法な利用を目的としていたことくらい誰でもわかる。
言い逃れが白々しすぎる。

ここまでひどいのに世の中でそれほど問題にならないのは、2ちゃんねるを知らない人の方が
まだまだ圧倒的に多いから。ネットをやっていない人の数自体が未だに多い。
もし2ちゃんねるの実態が広く世間に知れ渡ったら、嫌われるどころでは済まない。

2ちゃんねらーたちは、こういう都合の悪い事実を突きつけられるとたいてい無視するか、
幼稚な屁理屈をでっち上げてヒステリックに反論する。心理学や精神分析でいう否認とか抵抗とかだ。
罪悪感を抱きながらも、どうしても2ちゃんねるから離れられない惨めな姿がうかがえる。

2ちゃんねるに本当に価値のある情報があるかどうかは甚だ疑問だが、百歩譲ってそれを認めても、
2ちゃんねらーの働く悪事を考えれば、まともな感性の人間ならとても賞賛などできない。
それでも2ちゃんねるを正当化しようとするのは、2ちゃんねるがないと生きていけないから。
そして、2ちゃんねるが良い場所だと自分に言い聞かせないと精神のバランスを保てないから。
重度のアルコール依存症やギャンブル依存症などと似たような状態だ。
2ちゃんねらーのほとんどがそういう意味で病気だと言っていい。

おかしくなっちゃった人たち、壊れかけてる人たち。
そんなのが大量に集まる場所を好きだと言ったら、間違いなくその人も同類だ


(コメント)
この書かれている内容は真実ですね。
何年も2ちゃんねらーを見てきた私が保証します。
それは一部の2ちゃんねらーと言われるでしょうが、「一部」では
これらの悪事を働くことは不可能です。
そして、その一部の悪事を働く者がいなければ、2ちゃんねるは
ここまで政治や経済に影響を与える存在にはなり得ませんでした。


posted by 弱者 at 01:13| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の博之を知る人の声

※転載元投稿日:2005/05/07 (土) 22:09:09
 資料番号第P-98号

西村博之は、あめぞうで盛んに2ちゃんねるを勧誘していた。
一人だけ、やけに丁寧な言葉使いで勧誘していた。
2ちゃんねるは”個人の自費でやれる範囲でやる”と何度も言っていた。
自分はただの一大学生で、今は留学しているとも言っていた。
しかし、すぐに東京アクセスを運営していることがばれる。
すると当然、嘘をついていた西村に対して、その板中が批難の嵐になった。
平気で大嘘をついていたのだ。批難されて当然だ。
西村に反論の余地は全くない状態だった。
しばらくの間、西村の書き込みが止まった。
その間も批難の書き込みが続いていた。
しばらくすると、いきなり西村が書き込んで来た。
『 金儲けを考えて何が悪い 』
直前までの丁寧な言葉使いとは一転して荒い言葉使いで
堰を切ったように身勝手な持論を語り出した。
今の西村が主張しているのとほぼ同じ内容だった。
しかし、嘘をついていたという事実は変えようがなく
見事に論破され、退散していた。当然の結果だ。
これで、あめぞう内での西村博之と2ちゃんねるの評判は一気に悪くなった。
おそらく、もう正攻法で勧誘するのは不可能だと思ったのだろう。
その後、なぜかあめぞうのサーバーが頻繁にダウンし、サーバーが復帰した直後に限って
必ず、2ちゃんねるからのしつこい勧誘があったことも付け加えておく。
嘘つきは泥棒(犯罪)の始まりとは上手く言ったもんだ。
その後、様々な悪事を働き、多数の訴訟を起こされているのは御存知の通り。
西村博之は、予想した以上に頭がイカレた、極悪人だった。


(コメント)
ただのでっち上げかは不明ですが、今の博之の行動や発言から想像するに
まんざらネタでもないのかもしれません。
posted by 弱者 at 01:12| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偽名投稿で誤解荒らし

※転載元投稿日:2005/05/04 (水) 16:50:56
 資料番号第P-95号

偽名投稿で誤解荒らし

私が初めて2ch被害に遭ったのは、2002年の終わり頃のことである。
当時、当サイトはマリカーのランキングが中心となったサイトであった。
ある日、自分のサイトのチャットに入っていると、見知らぬ人が荒らしに来ていた。
とりあえずアクセス制限し、入室。
すると閲覧者は急激に増え、最終的には20人程に。
どうやらその人物は2chから来た人物らしい。
あまりの数であり、アクセス制限しても追いつかず、掲示板も一気に荒らされる。
遂に管理が追いつかなくなり、閉鎖せざるを得なくなった。
その後、影でひっそり復活に成功し、なんとかおさまった。
調査の結果、何者かが2chに私の名前を使って書き込み、晒し出したものであることが
分かった。
その人物は現在も分かっていないが、ある程度想像はついているが、その人物の行方は
現在謎である。
この影響で予定していたオフ会に追放される始末にまでなってしまった。
一応その人物達との間の事件は半年後に解決したが、当時の怒りは今も忘れない。


(コメント)
2ちゃんねらーには、とにかく役者級の演技派が多いです。
慣れてない人はたぶん誰でも騙されると思います。
書き込まれた意見を真面目に読むと、思わず涙を誘われることもあります。
何故か、法律の知識も平均的に高めで、知識も豊富、悪事がバレそうになると
すぐ、自分が中学生か高校生かのような振る舞いに切り替え、通りすがりの
第三者(自演)を出現させては、「厨房(中学生)のすることだから、気にするな」
とか問題をはぶらかしてきます。 本物の中学生は大迷惑ですね。
それほど、自分が年長者であることを相手に悟られたくないのでしょう。
posted by 弱者 at 01:11| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未だ止まらぬ2ch荒らし

※転載元投稿日:2005/05/04 (水) 16:42:16
 資料番号第P-94号

未だ止まらぬ2ch荒らし

2004年8月以降、2ch荒らしも大分なくなり、ほぼ解決に向かったかのように思えたが、
2005年2月26日に、またしても2chらしき荒らしを受けることとなった。
あるサイトに偽者で私の名前を使って相互リンク依頼を申し出たというものである。
そして私のサイトに来た時、「書き込んだ覚えはない」と書いた結果、事件は起きた。
この後そのサイトの管理者が、私をメンバに追加し、話は始まった。
当然自分ではないので「偽者です」と言った結果、事件に発展した。
その後実際に書き込んだ掲示板を見せられた。
そこには管理人☆☆☆の旧HN「☆☆☆」と書かれていた(実際には☆☆☆☆☆☆」)。
実際に2chにはこのHNで叩かれていた為、2chとの関連が非常に強いと判断できる。
そこで、「俺がその掲示板に書くからホスト調べてみて」などと言ってみた。
当然俺じゃないので一致するわけがないが、管理者は「一致してた」と主張した。
そこで「証拠見せてみろ」などと言った結果、「面倒だ」と言って逃げたり、
「お前荒らしだろ」などと言って話を変えさせようとするなどして、結局証拠は最後まで
見せなかった。
これは1年前の☆☆☆氏の時と非常に似ており、現在警戒している。


(コメント)
2ちゃんねらーの得意技は、他人に成りすましてあらゆる工作を行うこと。
その工作で最も一般的なのは、「冤罪工作」 悪質な2ちゃんねらーが怒ると
必ずしてくるのが、この気に入らないターゲットに成りすまして、他のサイトを
荒らしたり、酷いものでは殺害予告を書き込んでくることもあります。
ロクでもない連中に匿名性というものを与えたら、まずロクなことはしない。
数十人の人格を使い別けて世論作成や商品等の広告をおこなったりもします。
だから一人で数十ヶ所のブログやサイトを管理して、商用のSEO対策など、
様々なサイドビジネスを展開したりもします。
それゆえに、彼等の工作は手が込んでいて年季も入っています。
ネットの世界には皆様の知らない職業が当たり前のように存在する世界です。
posted by 弱者 at 01:10| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

「好き・嫌い」の次元の問題ではない

※転載元投稿日:2005/05/03 (火) 02:17:20
 資料番号第P-93

「好き・嫌い」の次元の問題ではない

02.08.16 14:55:55
「嫌なら見なきゃ良い」「個人的には好き嫌い」を超えた影響力を持つ掲示板に
なってしまったにも関わらず、
利用者側のモラルは一向にあがらない。
ばかりか、匿名性を利用した総会屋まがいの影響力行使を行っている。
外部の世界に影響力を与え、人を傷つけ、損害を負わせる掲示板。
「嫌なら見なきゃ良い」などと能天気なことを言って済ませることはできない。
既に「好き・嫌い」の次元を超えていることに気が付かないのだろうか。
特に、「どこも一緒」などという意見には賛同しがたい。
2ch の人口の多さとその影響力は他を凌駕している。
そんなことに気が付かないあなた達ではあるまいに。

アスキーが 2chに批判的な記事を書いた後、2chユーザからの抗議で記事を
削除せざるをえなかったのは有名な話だ。
「表現の自由」に名を借りて、2chに批判的な記事を全て潰してまわることは
既に「好き・嫌い」の次元の問題ではない。

マスコミは 2chの裏側の側面をきちんと報道すべきだと思う。



(コメント)
マスコミとて営利企業です。彼等は常に相手が黒か白かは問題ではなく
どちらに味方すれば儲けさせてくれるのかで判断する。
あまりジャーナリズムというものに期待しないほうが、現実を知ったときの
ショックが軽減できる。

>匿名性を利用した総会屋まがいの影響力行使を行っている。
>外部の世界に影響力を与え、人を傷つけ、損害を負わせる掲示板。
マスコミ関係者達も、このことは十分認識していると思う。
彼等もさすがにそこまでアホではないでしょう。
伊達に彼等も名門大学とかで学んできていない。

だからこそ、報道できないのでしょう。
頭がいいから。2ちゃんに逆らったらどうなるかを予測できているから。

だから私は思う。
マスコミって一種の馬鹿じゃないと、いい仕事はできないのかな・・と。
優秀な社員になるか、それとも優秀なジャーナリストになるか。
どちらを選ぶかでしょう。両立なんて無理ですよ。
2ちゃんねる相手ではね・・・


posted by 弱者 at 00:14| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告写真の制作会社関係者様の声

※転載元投稿日:2005/05/03 (火) 02:08:55
 資料番号第P-91

被害者です。

02.08.15 17:00:02
広告写真の制作会社を経営しています。
先頃、2chの某広告代理店系のスレッドに空伝票やら愛人やらと根も葉も無い事を書きたてられ、クライアントに呼ばれ事情聴取までされました。
もちろん弊社は『真っ白』ですし、第一このご時世で、愛人を囲えるほどの空伝票を切れる代理店がある筈も無いのですが・・・
『あれって本当なの?』と聞いてくれるクライアントには、まだ説明も出来ますが、殆どのクライアントは見ていない振りをしているようで、表面的にも潜在的にも影響は大きいです。
イニシャルで書きながら、明らかに弊社と思わせる事柄を散りばめた書き方に、憤りを禁じ得ません。
反論すれば、弊社と認めた事になりますし、無視するしか無い事が、無念で仕方ありません。
『卑怯』の一言に尽きると思います。


(コメント)
中傷の手口が陰湿であり、手馴れています。
加害者のただのガス抜きだから、あまり真面目に受け止めるなと加害者の
肯定派は言うだろう。しかしこの方のように生活に影響が出ている人間にとって
ただのガス抜きで済まされては困る。

posted by 弱者 at 00:13| 2ch被害者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。