2008年06月09日

「死刑になるなら払う」2ちゃんねる管理者、賠償拒否

「死刑になるなら払う」2ちゃんねる管理者、賠償拒否

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みなどを巡り、
名誉棄損訴訟などで相次いで敗訴している管理者・西村博之氏(30)が19日、東京地
裁で開かれた民事訴訟に出廷した。

 西村氏は閉廷後、報道陣に対し、過去の訴訟で確定した賠償金などについて、「支払わ
なければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わな
い」などと、支払いの意思がないことを明らかにした。

 西村氏は、これまでに全国で50件以上の訴訟を起こされ、その大半で敗訴が確定。
未払いの賠償金や、裁判所の仮処分命令に従わないことに対する制裁金が少なくとも計約
5億円に上るとされるが、西村氏が自ら支払いに応じたケースはほとんどない。その理由
について、西村氏は「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに
基づいて支払うのは、ばかばかしい」と話した。

(2007年3月20日3時5分 読売新聞)


2ちゃんねるの財産、差し押さえ出来ず


(コメント)
うわぁ〜〜!うわぁ〜〜!ひろゆきってカッコイイな〜〜♪
時代を先取りした斬新な考えのもてる素晴らしいお方ですね!
天才だな〜〜♪ 一般人には理解できないような発言のできる人は
カッコイイな〜〜♪ ひろゆきさんの主張は絶対に正しいし
それを否定する人達は時代に取り残された古い人達に違いない。
視野が狭くて偏見の持ち主で絶対に「悪」だよね。

なぁ〜〜〜んて東京大学や早稲田大学などの学生さんや教授達が
騒いでいることでしょう。
さすが麻生外務大臣や法務副大臣様方が認める方々のボスです。

「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに
基づいて支払うのは、ばかばかしい」

だそうです。おそらく博之のことなので自分が法律の盲点をつくことで
その問題に対し我が身をもって警鐘を鳴らしてやってるんだ。
などとブロバガンダして英雄を気取ってきそうです。

自分でセキュリティ問題に警鐘を鳴らすためだとか言って旅客機を
ハイジャックして機長を殺傷したゲームオタクがいましたね。
それに似た詭弁を展開する予定でもあるのでしょうか。

今まで自分達の稼ぎに不都合な案が持ち上がるたびに仲間のネット
専門家達に吠えさせては、そういった改善世論を握りつぶしてきたのは
どこのどいつらでしょうか。

はいはい・・・「そうですか そうですか」てな感じです。
結局こういった立場にある人間は何をしても「正義」ということか。
パワーゲームね・・・アホくさ。

結果さえ良ければ手段は何でもOK。
一時期「東京スタイル」なんて言われてたっけ・・・
こういった殺伐とした社会が本当に好きで好きで仕方が無いのなら

イラクにでも行け!!

この何も不自由せずに何でも手に入る国で「殺伐としているのがいい」
なんて一丁前にハードボイルド気取りなセリフを吐くインテリボーヤ達。
何時までこんな馬鹿なITボーヤに媚びるつもりなのでしょうか?

そんなに2ちゃんねるファミリーが怖いですか?

いい年したオヤジ連中が自分の息子くらい年下の悪ガキどもに
ビクビクビクビクして頭ペコペコ。 アホですか。

私なんかより戦える環境の整った方々は大勢いらっしゃるはずです。
それなりに特別なステータスを保有する人達もいるはずです。
そんな方々は何故戦おうとしないのでしょうか。

2ちゃんねるは社会の必要悪と主張する者達もいますが、ではその犠牲も
本当に必要な犠牲なのでしょうか? あんたらは何様ですか?
2ちゃんねるは極道でもない。極道は少なくとも無関係な堅気を無差別に
襲ったりはしない。2ちゃんねるが本当にネット界の極道的な位置付け
なら私もここまで騒いだりはしない。2ちゃんねるという存在は
社会のバランスをも崩すネット界での核兵器でしかない。
posted by 弱者 at 15:20| ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。