2009年09月04日

政権交代で「ネット右翼」危機? 2ちゃんねるでも潮流変化か

政権交代で「ネット右翼」危機? 2ちゃんねるでも潮流変化か

 民主圧勝、自民惨敗で、ネット右翼について、「窮地」だとする告白や指摘が相次いでいる。拠り所とされる2ちゃんねるでは、その考え方を批判する書き込みも多くなっている。ネット上でも、風向きが変わっているのか。

■2ちゃんでも、「ネトウヨ涙目」

 麻生太郎首相の著書「とてつもない日本」を買う運動が盛り上がったり、ニコニコ動画の世論調査で30%台という高い内閣支持率を記録したり。ネット上、特に2ちゃんねるでは、総選挙前は、ネトウヨことネット右翼の動きが活発になっていた。

 ネット右翼は、知識人の伝統か、左寄りの報道を繰り返すマスコミに対し、「本当のことを言っていない」というネット上の反発から生まれたともされる。民主党の国旗切り貼り問題や麻生首相の「金がねえで結婚は」発言が話題になったときは、不満が高まって2ちゃんでも祭りになった。

 ところが、マスコミの世論調査で、麻生自民の敗北は動かしようがない趨勢となってきた。そして、選挙戦に入ると、2ちゃんねるの麻生関連スレッドでも、「ネトウヨ涙目」「ネトウヨ憤死」などと、ネット右翼を罵倒するような書き込みが増えてきたのだ。スレッドによっては、麻生自民への賛否が半々ほどにも。選挙は、フタを開けてみても、ほぼマスコミの予測通り、民主党が300議席以上の圧勝だった。

 2ちゃんでは、選挙後も、ネトウヨ批判が収まらない。そんな中で、ネット右翼らしい若者がスレッド上で窮地を訴える告白も出て、話題になっている。

 この若者は、神奈川県内の小選挙区で、自民党のネガティブキャンペーン用チラシを撒いて回ったと2009年8月31日未明に書き込んだ。そして、説得に反して家族が民主党に投票し、怒って玄関のガラスを割ったと告白。しかし、スレの仲間からはこれをネタ扱いされたと反発し、「このスレの連中だけは仲間だと思ってたのに お前らも裏切るのかよ!!  許せない」と息巻いたのだ。

■状況によっては潮流、また変化も?

 2ちゃんのスレに書き込んだ若者は、自民党候補のスタッフにネガキャンのチラシを撒いていいかと尋ねたところ、ネガティブなものは撒かないと断られたという。代わりに、公式チラシを渡されかけたとして、「この取り澄ました危機感のなさは何だ」と虚脱感を訴えている。

 若者は、民主党投票を巡って父親と殴り合いをし、祖父からも「坊にもわかるとか舐めたこと言われた」ともいう。そして、学校には行かずに家出をして、当分はネットカフェに泊まることにしたと告白している。

 この書き込みは、はてなの匿名ブログで、2009年8月31日のエントリー「ネトウヨ大憤死の巻」で紹介され、ブックマークがこの日トップの600ほど付く反響ぶりになっている。

 はてブでは、「流石にネタだろうこれwww」というコメントのほか、「極端な方向に走っても、賛同者はほとんど得られない」「こうして、ひとは『大人』になる、のか」「その昔左派の運動家の若者が感じたような絶望感をまんま左右逆にした感じ」などと冷静な見方が多い。

 識者からも、ネット右翼の限界を言う声が出ている。

 コラムニストの小田嶋隆さんは、日経ビジネス・オンラインの31日付コラム「踊る阿呆の『祭り』のあとに」で、2ちゃんねるが政治的なプロパガンダの場に変わり、結果としてネトウヨが集まり始めたと指摘。そして、前述したネット右翼の動きに言及したうえで、こう述べている。

 「自らの『力』を自覚し、それを意図的に使おうという匿名のパラノイアが生まれたことで、2ちゃんねるの歴史は最終段階に来ている」

 もっとも、2ちゃんでも、「どんまい、まあまた4年後があるって」といった声も出ており、状況によっては風向きがまた変わる可能性はありそうだ。



(コメント)
2ちゃんねるに書き込まれている内容をそのまま鵜呑みにした形で
記事にすれば上のような見解になります。
確かにこの記事は嘘は書いてません。書き込まれた内容をそのまま
引用しただけであれば事実は事実です。だからこの手のニュース記事は
問題なんです。引用して書いてある内容を分析することなく、疑念を
持つまでも無く、そのまま書き込まれている文面をそのまま伝えるだけ。
所詮ネットの中だけで情報収集しているメディアはこの程度です。
書き込みの流れや、内容をそのまま見て読んで伝えるだけ。
こんな記事、情報処理のプロでもないド素人にでも書ける。
2ちゃんねるに書き込んでる「中の人」がどんな人達で、どんな狙いで
書き込んだかを考察できて、はじめて「2ちゃんねる」という情報源を
ある意味、有益な情報収集の場として利用できます。
それができぬまま、2ちゃんねるを有益な情報源だと認識している人は
ただの2ちゃんねらー(2ちゃんねるファミリーに利用される側の人)でしか
ないわけです。
実質的な2ちゃんねるの機関誌メディアでもあるJ-CASTの記事なので
この記事にツッコミを入れたところで無意味だということくらい私にも
分かります。ですが、状況説明資料としてはかなり有意義なものになり
得るので引用させて頂きました。

>ネット右翼について、「窮地」だとする告白や指摘が相次いでいる。
>拠り所とされる2ちゃんねるでは

私も保守派であり、やや右寄りな基本思想を持つ者ですが、2ちゃんねる
を右寄りの人の拠り所と認識したことは一度もありません。
2ちゃんねるを初期の頃の状況を知る人なら分かっている人もいるでしょうが、
元々2ちゃんねるという場所は、左寄り思想者達の拠り所だったんです。
頻繁に反行政デモを呼びかけるスレッドや、公務員やその関係者の粗を穿り
出しては公開し、その批判やネガティブキャンペーンの扇動に明け暮れてた
2ちゃんねらー達の状況を忘れたとは言わせませんよ。

それが、2000年の後半あたりでしたか、小泉政権樹立と同時に、1年経つか
経たないかという短期間の間に、左翼系から一気に右翼系にスタンスが転身した。
あれには私もぶったまげた・・・ あの頃の私には、気変わりの激しい連中だ
という程度の認識でしかありませんでしたが、今思えば、なるほどね・・てな
感じです。

右翼から左翼に移り変わったのではなく、元々から彼等は左翼だっただけの
ことです。もし今後、本当に書き込み内容が左寄りが主流になった場合は
それらが彼等の本当の姿であり、真に扇動したがってた世論だということ。

私は近所に何人かの在日さんや、共産主義者(左寄りの人)が住んでた関係で、
彼等の考え方や行動パターンといったものは分かっているつもりです。
それゆえに、ネット上においてもその臭いというものを感じることがある程度
できるつもりです。どんなにパフォーマンスで誤魔化そうが、長くその人を
注視していれば必ずボロを出して、右翼の仮面も剥れる。
私の親父はバリバリの右翼思想者でした。だから左翼系勢力についての裏情報
や、現実なども色々と教えてもらいました。

その中で最も興味深いと思った話は、日本のマスコミの重役というか、
権限を持つ人のほとんどが、左寄りの繋がりを持つ人で形成されている
という話。真相については調べる術はありませんが、今までの報道の流れを
見る限りでは納得せざる得ない状況が続いてます。
いかにも「右翼な報道」といった感じのパフォーマンス報道はあっても、
「ここぞ」という大事な場面では必ず左翼的な報道の流れになります。

今の日本の報道機関や、2ちゃんねる等からなるネットメディアの実状
というものを簡単に言い表すならば・・・

「左翼の手の平の上で踊らされ続ける右翼」です。

たぶん、現段階でこの手の話をしても信じ難いとは思います。
だから敢えて細かくは説明はしません。
このことは頭の片隅にでも置いといてもらうだけで、今後の情報社会においては
大いに役立つはずです。信じてくれとは言いませんし、その必要もありません。
ただ、「こんな疑惑もある」という程度の認識でいてもらうだけで結構です。
すると何年か先に、あることがキッカケで確信に至るはずです。
この際に騙されたと思ってそうしてみてはいかがでしょうか。
頭の片隅に置いてたからといって、皆さんは何かを失うわけでもありません。
最終的に何も起こらなければ、ああ、あれはやっぱり弱者の妄想に過ぎなかった。
そう思えばいいだけです。
これらの疑念を打ち消そうと彼等は今後、様々なパフォーマンスを繰り返して
くると思いますが、なぁ〜〜〜に。最後には必ず「左寄り」に終始するはずです。
口ではいくらでも嘘は言えます。しかし行動で嘘をつき続けるのは不可能。
彼等、左翼系の連中は、あらゆる政治思想者の中で最も美しく、最も理に適った
正論を並べて立ててきます。しかし実際の行動では最も間違ったことをしている
というのが私が彼等に対して抱いている印象です。

私はこの反2ちゃんねる活動を通し、そのことを嫌と言うほど思い知らされて
きました。


共産党:「蟹工船」ブームで1万人新規入党・・おいおい・・

物的な証拠はあるのかと言われれば、そんなもんないですよ・・・
私のような一般人が、この手の疑惑について調査できる権限があるとでも?
こういったケースで一般人が証拠を掴めるのなら、世の中警察いらない。
しかし、証拠が無くても解かってしまう、気づいてしまうものは仕方が無い。
そういう似たようなケースって、皆さんにも日常的にも経験あるはず。

ストーカー等の被害があったとして、本当に加害者からストーカー行為を
受けたという証拠を警察等に示せない限り、独自の回避行動や、対策を講ずる
ことができないという決まりごとも無いはず。
だから最低限の回避行動(反2ちゃん活動)をとらせてもらっているわけです。
証拠を掴むまで何ら回避行動や注意の呼び掛けもできないようでは
私や皆さんのような一般市民では何の抵抗もできずにやられるしかない。

まして加害者側が組織レベル規模であった場合は、捜査権も無く、人脈も無く
探偵や弁護士等を雇う財力や時間的余裕も無い一般市民に何ができようか。
組織犯罪の場合、必ず加害者側には財力や人脈、複数の顧問弁護士に、政界や
メディア等への太いパイプといった圧倒的戦力差を被害者側は思い知るわけです。
そして最後には一市民の無力さを痛感しながら泣き寝入り・・というお決まりの
パターンがほとんど。組織犯罪被害者とは常にそういう立場に置かれるものです。
残念ながら我国は組織犯罪に対抗する法整備や、体制作りが不十分。
黒々とした大組織は、必ず財力と人脈が備わっているのはお約束。そのため
警察やマスコミもカネ次第でどうにでもできるわけです。
現に、よく警察の組織犯罪対策課の警察官が、黒い組織にカネで買収され
あらゆる面で便宜を図り、それがたまたまバレて懲戒免職・・・といった例は
よく報道されています。おそらくこんなのは氷山の一角でしょう。

>ネトウヨ批判が収まらない。
何がネットウヨだ・・・
素直に「2ちゃんねらー」または「煽り屋」と表現すれば済む話ですよ。
口だけの反2ちゃんねる批判は、親2ちゃんねる派の人にでもできる。
どうせ批判するなら態度や行動によって示し続けるべきです。
たぶん、それは左翼系の人々には無理だと思いますが・・・

ネットウヨだ、ネットウヨだと、やたら連呼していた自称・左翼系のネット
ユーザー達は、2ちゃんねる打倒のために共に戦おうなどとカッコいいこと
主張してたくせに、いざ彼等の想定内に収まらなかった既存メディア(毎日新聞)
による反2ちゃんねる報道に対して一斉に批判を開始した。
あの報道内容は、日頃から左寄りのネットワーカー達が、強く世論に訴え
かけてた内容と同じではないか。あの報道内容を批判するということは、
今までの自分自身を批判しているのと同じこと。
ならば何故この私、弱者も批判してこなかった?
それどころか、共に戦おう? ナメとんのか。

結局、ネットウヨだとか、打倒2ちゃんねるとか叫んでいた左寄りの連中も
2ちゃんねるの仲間に過ぎなかったわけです。
しかし、同時にこうしたケースによって化けの皮が剥がれる事で判明することが
一つだけあります。それは、彼等がどんな手を使ってでも守ろうとしている
「2ちゃんねる」という掲示板サイトは、批判されるべきであり、市民にとって
弊害でしかないと彼等自身が自覚しているということです。

親2ちゃんねる派が、反2ちゃんねる派を装う。
左翼が、右翼を装う。

もうこればっか・・・
posted by 弱者 at 12:05| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。