2008年06月30日

2chに毒された人の声(資料)

※転載投稿日:2005/03/27 (日) 18:46:58

2chに毒された人の声
2 名前:○○○○ 投稿日:2002/05/16(Thu) 12:41
そんな私も最初2ちゃんねるを訪れたとき、一種の地獄絵図を見たような気がしました。
お互いがタメ口で「しね」とか「ウザイ」とか言い合っている光景は異常だと思いました。
しかし、自分で書き込むようになってくると、2ちゃんねるのやり方というのは、それなりにひとつのルールだと確信しました。
実はお互いに攻撃的にぶつかり合うというのは、互いの尊厳が守られている状態です。
つまり、攻撃性の問題を考える場合、「加害者−加害者」の関係と、「加害者−被害者」の関係は区別して考える必要があります。
一般の「まともな」掲示板にあるのは無抵抗主義であるような気がします。
イヤなレスを付けられたら「被害者」になることを強要されます。
「言い返す」という行為をすれば、「場を荒らした」と責められます。
それに対して、2ちゃんねるでは、誰も被害者になることを求められません。
結果として被害者になることはあるかもしれませんが、それは言論の能力がないからであって、いわば自業自得です。

2chに毒された人の声2
3 名前:○○○○ 投稿日:2002/05/16(Thu) 12:42
2ちゃんねるを根城にしていると、かなり精神衛生上良いです。それに対して、ここの様な普通の掲示板では、かなりストレスが溜まります。それはやはりハンドルを名乗るからだと思います。
どんなことでも三歩歩いたら忘れるという奇特な人は別として、普通我々はイヤなレスの内容と、それを付けた相手のことをしっかりと覚えています。
そしてひとつの掲示板での生活が長くなると、「こいつにイヤなレスを付けられた。あいつにイヤなレスを付けられた」という経験が蓄積してきます。
少し大袈裟に言うと、ハンドルを名乗っていて他人にバカにされるということは、公衆の面前で侮辱されるということです。名誉を侵害されるということです。
2ちゃんの「名無しさん」だとそれがありません。イヤなレスを付けられても、そのイヤなレスを付けられたのが誰なのかは特定できないので、名誉の毀損というものがありません。
それに2ちゃんねるにおいては、バカとかしねとか言うのをお約束にすることによって、その種の言葉が無効化されていると思います。

2ちゃんねるにおいての様々な暴言も、それはお約束としての暴言です。一般の掲示板の人達のように、本当に相手を誹謗中傷するという下劣な意図に基づいているのではありません。
ある意味「バカ」とか「しね」は風物詩です。私は初めて「こいつはバカです」とレスを付けられたとき、「おお、バカと言われた!!」と深い感動を覚えました。
そういうお約束を理解できず、2ちゃんねるを批判する人はバカです。
普通の掲示板だと、そう簡単にトラブルを水に流せるものではありませんが、2ちゃんねるだとスレッドが終了するごとにすべての罵詈雑言が水に流され、また新たな気持ちで別のスレッドに参加することが出来ます。名無しさん同士だから怨恨が残らないというのは本当に良いです。
ともかく一般の掲示板で、掲示板政治的にトラブったり、あいつとこいつにイヤなレスを付けられたと憎悪や怨恨を募らせたり、そのイヤなレスを頭の中で何度も反芻しすっかり暗記してしまうというような症状に襲われている人は、是非2ちゃんねるにどうぞ。
posted by 弱者 at 16:37| 2ちゃんねらーの屁理屈集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。