2009年10月22日

ウィニー開発者に逆転無罪=技術提供、ほう助でない−著作権侵害で控訴審・大阪高裁

ウィニー開発者に逆転無罪=技術提供、ほう助でない−著作権侵害で控訴審・大阪高裁

 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発、公開し、ゲームソフトや映画の違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反ほう助罪に問われた元東大助手金子勇被告(39)の控訴審判決公判が8日、大阪高裁であり、小倉正三裁判長は「中立な技術を提供しただけの行為はほう助に当たらない」と述べ、罰金150万円とした一審判決を破棄、無罪を言い渡した。
 ファイル交換ソフト開発者の刑事責任が問われた初の事件。一審から無罪を主張していた同被告は判決を受け、「事実を正確に認識した正当な判断だ」と述べた。
 小倉裁判長はウィニーについて「通信の秘密を保持しつつ多様な情報交換を可能にするとともに、著作権の侵害にも使える価値中立なソフト」と認定。「被告のネット上の提供も、不特定多数への価値中立の行為だ」とした。
 そして、「相手の利用方法を知らなかったり、犯罪に利用される可能性を認識しているだけではほう助と評価することはできず、違法行為のみ、または主要な用途としてネット上で勧めて提供する場合にほう助犯が成立する」とした。
 その上で、金子被告が自身のホームページや掲示板で「違法なファイルをやりとりしないようお願いします」などと記載していた点を踏まえ、「被告は著作権侵害をする者が出る可能性を認識し、認容していたが、それ以上に違法行為を勧めたとはいえない」と結論付けた。



(コメント)
裁判での争点が「包丁理論」のみに傾いてた時点で結果は見えてました。
ハッキリ言って包丁理論で黒いものを白に変えられない裁判はこの世に
存在しないでしょう。現在において、ネットの闇社会の人間にとってこの
包丁理論は無敵の剣。 だから争点を包丁理論のみに集中させないことが
2ちゃんねる系弁護士達の口車に乗せられないためのコツでしょう。
2ちゃんねるの煽り屋達が、必死になって包丁理論一色の多数派世論を
広めまくっているのには、そういう背景があるわけです。

こう言ったケースの裁判では、被告の金子勇氏が「故意犯」又は「確信犯」
であるかを争点にしなければ、ほとんど検察側に勝ち目はありません。

どこの世界に、「犯罪するために○○をしてました」と、馬鹿正直に発言
しながら○○する犯罪者がいるのか。正直者に犯罪者なんていませんよ。
黒い人間が白を装うには嘘つきになるしか道がないんです。
その嘘をどこまで追及できるかにかかってきます。つまり腹の内を探るんです。
相手のサーバーを破壊するためにDoS攻撃ツールを作りましたと明言する
DoS攻撃ツール作成者なんていません。
メールクライアントを破壊するためのツールですと明言するスパム配信
プログラム作成者もいません。
全て技術開発のため、研究のためというお題目で開発してくるわけです。
ウイルス作成ツールも不正アクセスツールも全て研究開発のために作ったと
口をそろえてくるでしょう。
包丁理論というものは、開発者が正直者の場合にのみ正当性が出てくるもの。
金子氏のようにメチャメチャ胡散臭い人間に当てはめては駄目です。
相手を見て包丁理論を持ち出すべきです。そうしないと健全な技術開発者も
悪者にされる可能性があります。

こういうときこそ、「一部の悪質なプログラマー」と別に論ずるべきですね。
仲間を増やすためとはいえ、争点の幅を広げると真面目な人達も黒い連中の
巻き添えを食らうはめになる。宮沢りえ写真集の話を思い出す・・・

2ちゃんねる上の金子氏の書き込みは、彼の腹の内を探る材料として用いられ
なかったのか。
2ちゃんねるは有益な情報源だと強く推奨する金子氏の弁護士達は、その有益
な情報という2ちゃんねるの書き込みを自ら否定するのか。
自分達に有利になる時だけ2ちゃんねるは有益で信憑性のある情報、で、
不都合なときは信憑性も無く根拠の無い掲示板の書き込みだと切り捨てる・・
ほんと身勝手な連中です。
posted by 弱者 at 00:30| ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪高検が上告=ウィニー開発者無罪で

大阪高検が上告=ウィニー開発者無罪で

 大阪高検は21日、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」開発者で著作権法違反ほう助罪に問われた元東大助手金子勇被告(39)を逆転無罪とした大阪高裁判決を不服として、最高裁に上告した。高検は「判決には承服しがたく、上告審で適正な判決を求める」としている。
 金子被告は弁護人を通じ、「上告は残念だが、最高裁でも無罪を勝ち取り、技術者の開発の支障とならないようにしたい」とコメントした。
 高裁は8日、「被告はウィニーをネット上で提供する際、悪用を勧めておらず、ほう助罪は成立しない」と指摘。罰金150万円とした一審京都地裁の有罪判決を破棄し、無罪とした。



(コメント)
何でもかんでも包丁理論を持ち出したら世界の確信犯のマッドサイエンティ
ストは全て無罪になります。相手によってケース・バイ・ケースに対応しないと
とんでもないことになります。
開発者の「本心」さえバレなければ、どんな破壊兵器を開発しても無罪。
これでは完全無敵ですよ。テキトーに自分は純粋に研究開発のために作った・・
と発言するだけで、全てがチャラになるのではたまらない。
新しいものであれば必ずしも良い結果をもたらすものとは限らない。
技術開発者であれば、必ずしも正義とも限らない。
新しいものを受け入れるときこそ、人類は慎重にならなければなりません。
受け入れるなとは言わない。よく考えて受け入れろと言いたいだけ。もっと冷静に
なって頂きたい。これは技術開発の歴史を見れば誰でも解かる事。

最高裁は開発者の主張よりも、金子氏を始め、その取り巻き連中の実際の
「行動」に着目するべきです。
そうすれば、彼等に包丁理論を立てはめることの愚かさと軽率さが嫌というほど
解かるでしょう。
posted by 弱者 at 00:27| ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。